共通機器のご利用について About Usage of Common Equipments
お知らせ Information
共通機器室の機器を利用する際には、共通機器室利用登録申請を行い、本サイトから機器の予約を行ってください。機器を利用した際には、機器に備え付けてある使用簿に必要事項を記載してください。
教員が管理する共通機器を利用する際には、管理教員と連絡調整の上使用してください。

○機器一覧料金表、規程、様式、注意事項等 List of Equipments, Fee, Registration form, Regurations, etc.

○ポータルサイト利用マニュアル How to Use the Portal Site for Common Equipments

○研究機器マップ[学内限定] Map of Research Equipments [Only For Univ. Members]

問い合わせ先:産学連携センター共同利用設備ステーション
Contacts:Station for Management of Common Equipments
TEL:0155-49-5342、5311
FAX:0155-49-5289
E-mail:kyotukiki@obihiro.ac.jp
2024/07/08 3号館 吸光マイクロプレートリーダー(32017001)利用再開のお知らせ
2024/06/21 【7月10日(水)、11日(木)】「SONY Cell Sorter SH800S」オンライン説明会(ご案内)
2024/06/18 共通機器の利用料変更について(通知)
2024/04/01 謝辞について
2024/04/01 共通機器利用者説明会(動画)のご案内

共通機器検索 Equipment Search

140 件中 1 から 10 までを表示しています。

機器一覧 Equipment List

画像機器名 Equipment機器分類 Category型式 Model説明 Detail設置場所 Location管理責任者 Equipment Manager
2014015.jpg4D-Nucleofector システム(レンタル専用機器)(2014015)細胞解析ロンザジャパン X-Unit、Y-Unit電気穿孔法による遺伝子導入装置共通機器室(Ⅰ号館)産学連携センター共同利用設備ステーション長(kyotusys)
CEMSmini.pngCE/MSシステム(32021010)質量分析計Agilent Technologies Capillary electrophoresis Systemキャピラリ電気泳動 (CE) で短い分析時間と高い分離効率を実現しながら、質量選択検出器 (MS) により分子量および分子構造の情報を得ることができます。共通機器室(Ⅲ号館)産学連携センター共同利用設備ステーション長(kyotusys)
32019001.JPGCHEF-DR IIチラーシステム(K2019001)タンパク質・核酸の分析バイオラッド 170-3612A幅広いDNA分子サイズ領域で、まっすぐなレーンでの電気泳動が可能なシステムⅠ号館 1階 N1315室中馬 いづみ(chuma)
2017003.JPGCLC Genomics Workbench(2017003)シークエンサーCLC bio次世代シーケンサー向け解析ソフトウェア共通機器室(Ⅰ号館)産学連携センター共同利用設備ステーション長(kyotusys)
K2015002.jpgDNAシーケンサシステム(K2015002)シークエンサーApplied Biosystems3500DNAを構成するヌクレオチドの結合順序(塩基配列)を決定する機器、8本キャピラリーⅣ号館 2階 212室小川 晴子(hogawa)
LCMS.jpgLC/MSシステム(32021011)質量分析計AB SCIEX QTRAP5500『QTRAP 5500システム』は、定量および定性を行う質量分析計です。共通機器室(Ⅲ号館)産学連携センター共同利用設備ステーション長(kyotusys)
2014042.jpgPCRシステム9700(2014042)PCR装置Applied Biosystems Gold96-Well GeneAmp 9700Gポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) によりDNA断片を複製させるための機器共通機器室(Ⅰ号館)産学連携センター共同利用設備ステーション長(kyotusys)
2019002.JPGPCRプレートシーラー(K2020002)標本作製バイオラッド PX1ヒートシールフィルムやホイールなど幅広いPCRプレートに対応 簡単にヒートシーリング温度、時間を変更可能Ⅰ号館 2階 N2301-1室宮本 明夫(akiomiya)
2017004.JPGQubit(2017004)タンパク質・核酸の分析サーモフィッシャーサイエンティフィック Qubit®3.0ポピュラーなベンチトップ型フルオロメーターの次世代型装置で、高感度なQubit®定量アッセイを使用して、DNA、RNAおよびタンパク質の高精度な測定を行う共通機器室(Ⅰ号館)産学連携センター共同利用設備ステーション長(kyotusys)
a_006_1.jpgX 線回折装置(XRD)X線装置ブルカー D8 ADVANCE-北見工業大学共用設備センター北見工業大学共用設備センター(kikibun@desk.kitami-it.ac.jp)